スポンサード リンク

スポンサード リンク

食べ物の味がわからない

食べ物の味がわからない時は、味覚障害を引き起こしている疑いがあるので注意が必要です。

味覚障害とは、食べ物の味がわからなかったり、 何も食べていないのに味を感じるなどの障害を引き起こしている状態のことを言います。

味覚障害には、薬剤によって引き起こされる薬剤性味覚障害や、 偏食による亜鉛欠乏性味覚障害や、原因がわからない特発性味覚障害などがあります。

また、歳をとると味覚が鈍くなるので注意して下さい。

また、口内炎や口腔乾燥症、頭部の外傷などによって、 味覚障害が引き起こされる場合もあります。

その他には、うつ病によって味覚障害が引き起こされる場合もあります。

うつ病になると意欲の低下、イライラ感、不安や焦り、食べ物の味がわからない、 体重減少、睡眠障害、決断力低下などの症状が現れます。

うつ病を引き起こす原因は、もって生まれた素質、 精神的ストレス、ホルモン分泌などが誘因して引き起こされます。

うつ病は性格的に几帳面な人、正義感が強い人、責任感が強い人、仕事熱心な人、完璧主義の人 がなりやすい傾向にあるので注意して下さい。

うつ病の治療法としては、休養と抗うつ薬などの薬物療法が中心になります。

食べ物の味がわからない時は味覚障害の疑いがあり、 さまざまな原因によって引き起こされている可能性があるので注意して下さい。

スポンサード リンク


このページの先頭へ